機動戦士ガンダムoo(ダブルオー)2nd 第20回レビュー感想 ガンダム00今日のスメラギさんR2

機動戦士ガンダムoo(ダブルオー)2nd 第20回レビュー感想

もう2月が終わった…だと…

なんか時の流れが早すぎて自分の理解が追いつきません。だってこないだ年越したばっかじゃん!ララァわたしには時が見えないんですけど!……うん、時計を見ようね。それ去年も言ったね。

なんか記事を書いていると一年前とかに言ってたとかいうのが最近デジャヴのように多々あるわけですが、前に書いてたときから本当に一年経ってるってのが信じられない。ていうかやめてほしい。そういうのダメじゃね?

とりあえず言えることはここ2年の冬の週末はガンダム漬けなんですけど、俺はいい歳して何をやっているのだろうか。まぁこんなことを本気で考えたら、しばらく立ち上がれなくなるのでやめておきます。日本には便利な言葉がありますね。現実逃避とか。

仕事が忙しい上に、ブログの更新まであってマジ大変とか思うけど、別にガチで暇な休日とかあったもそれはそれでブログの更新をして終わる週末とか…ハハハ膝に力が入らなくなってきたze?

仕事が暇な週末はブログの更新+モンハンくらいという涙なしには見れないスケジュールを組むわたしは頑張って社会のために働いていればいいと思います。あぁでも婚活しなきゃ。ガンダムを理解してくれる女性を探さねば。それってスメラギさんじゃね?

**************************************************
機動戦士ガンダム00今日のスメラギさんR2
**************************************************

ちょっと気になって去年のちょうど今週分にあたる20話のレビューの冒頭を読み返したらドンピシャすぎて泣けた。ララァのくだりとか完全に一緒だったんですけど。

そして一年前のわたしはどうやら先週は忙しくて更新を休んだみたいで、あたたかい皆さんに励ましてもらって歓喜しておりましたよ。ありがとうございます。

とりあえず一年前のわたしに言えることは、仕事忙しいのお疲れ様!っていうのと、お前来年の今頃もまったく同じことやってるぞと。お前の病気はひどくなってるぞと。

まぁここまできたらガタガタ言わずに駆け抜けるだけですよね!震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!刻むぞスメラギのビート!

わたし、自分で自分の記事を読み返すことはほとんどしないんですけど、そのまま去年の20話のレビューを読み進めたらあまりのテンションにまた泣いた。馬鹿と天才って紙一重だと思うんだ。自分馬鹿寄りですけど。


あ、関係ないですけど今日はちょっとムダに長いです。そして長くなったので携帯で見る人のために分割をしようと思ったんですけど、時間がなさすぎて無理でした。ごめんなさい。

今、日曜日の朝だってのにこれから仕事なんだぜ…ウソみたいだろ。

**************************************************
機動戦士ガンダムoo(ダブルオー)2nd 第20回レビュー感想

#20  アニュー・リターン
**************************************************

さて、先週はラッセがまさかのギニュー隊長に撃たれる&王留美が釘宮さんにやられるという2つの事件で終了しました。

なんかもう人命にかかわるような事件ばかりで番組を引くのはやめてもらいたいですけど、それをやると気になって続きをみてしまうという罠ですね。いらないよ!そんなの!次回予告でスメラギさんのサービスシーンがあっただけで余裕で見るよ!

20_001.jpg

キャシーをウナギ責め尋問中から再スタートの本日。

スメラギさんの姿は遠くとも、誰よりも美しくまぶしい光を放っております。おお神よ!スメラギさんがガンダムマイスターズを勢ぞろいで従える姿はまるで青銅聖闘士を従えるアテナの如し。

ヴェーダの所在がどうとか話し合ってますけどまるで興味をそそられない。もっと色気のある話をしたらいいじゃない。

20_002.jpg

「だったら聞かせて。貴方たちはヴェーダを使って何をしようとしているの?」

従順に応えるキャシーに問い詰めるスメラギさん。

戦闘中ではないのでヘルメットをかぶっていないので今日は自慢の美しい髪も芳しい香りと共に解き放たれております。その髪に顔をうずめたいけどハネてる部分が目に刺さったらどうしよう!(<?)

キャシーはヴェーダが自分たちのものだと言っておりますが、そんなのどうでもいいからウナギを入れさせてよ。大丈夫!最初はちょっと違和感あるかもしれないけど、すぐに良くなる!クセになる!(会心の笑顔で)

20_003.jpg

「イオリアがこの計画を立案した真意は?」

バックアングルによるスメラギさんの髪の毛アップ。

先ほどまでヘルメットをかぶっていた影響かもしれませんが、いつもよりハネ具合が弱い気がする。モーレツにしなやかってことですね!

そして大好きなスメラギさんのターンで、大好きなスメラギさんの言葉であるならば、興味がなくても一生懸命聞くのがスメラギマイスターの勤めというもの。内容がわからなくても神妙な顔でうなずく……そうやって今まで会社の会議も乗り切ってきたじゃないか!(<ダメ社会人!)

20_004.jpg

「来たるべき対話?」

質問をのらりくらりとかわすキャシーの答えをオウム返しするスメラギさん。来たるべき対話ってなんやねん。

わたしもスメラギさんとの来たるべき対談に向けて日々質問を考えたり、いかに貴方を好きでいるかということを伝える練習をしているのですが、どうやらダブルオー放送中には実現しなさそうです。

うん。仕方ないよ。今世界は大変な状況でスメラギさんは忙しいし、わたしも年度末で最近本気で仕事がキツかったりするし。来世で会おうぜ?

20_005.jpg

「話が見えないな」

「それが人間の限界ですよ。取調べ用のカツ丼はまだですか?」

捕まってるくせに一向に弱気にならないキャシー。貴様カツ丼目当てでわざと捕まったとでも言うのか。

先週若島津直伝の三角飛びでセラフィムキャッチを披露したというのに、これではまるでオカッパが逆にハメられたみたいじゃないか。

まぁいいか。お前が何考えていようと関係ないよ。所詮はスメラギさんの手のひらの上で踊るマリオネットにすぎないのだよ。我々は余裕そうに構えて今晩のディナーをどうするかとか考えていればいいと思います。

20_006.jpg

「カツ丼…だと…?」

貴様今の立場がわかっているのか!それは最後の泣き落とし用アイテムやろが!という非難の目を向けるロックオン。そしてそれを制するように優しく差し出される美しいスメラギさんの手。

普通はロックオンをメインに見てしまいがちなこの画像も、わたしというフィルターを通せばスメラギさんの手がメインに代わって見えてくる。そうまるでカツ丼のタマゴがカツを凌駕するかのような存在感。バーロー!スメラギさんはタマゴじゃねぇよ!タマゴ肌だよ!

20_007.jpg

手をアップにしたところから一気に引いて、スメラギさんの全身を写してくれるカメラさん。グッジョブ!

その鋭い視線はまるでロックオンに「そこはカツ丼じゃないわ……カツカレーよ!」と訴えているかのようです。ホントにもうお前は一体このアニメの何を見てるんだろうな(鏡の中の自分を見ながら)

違うんですよ。今凄くお腹空いてるんですよ。カツ丼もしくはカツカレーが今どうしても食べたいなんて思ってませんよ。決して。

20_008.jpg

「スメラギさん!」

フェルトからの急な通信に振り返るスメラギさん。

突然のことにスメラギさんもビックリしておりますが一体何事?カツ丼とカツカレーのどっちが上かという談議をこれからしようと思っていたのに!優勝はカレーカツ丼…だと…?

20_009.jpg

「どうしたのフェルト?」

急な通信でもしっかり映像付きでコールしてきた我が究極の妹フェルト。やはりその可愛い顔を拝ませてもらわねばな!

しかしこんなに焦った様子で何事でしょうか。もう先週のことなんてわたしすっかり忘れてしま……(思い出した)……


ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

ウチのラッセがギニュー隊長に撃たれたんだったー!

20_011.jpg

「リターナーさんが!」

「ギニューがどうした!?」

ギニュー隊長の名前が出て思わず叫ぶロックオン。そして鋭く目を光らせるスメラギさん。

そういえばこの20話のタイトルってアニュー・リターンってなってたけど、アニュー・リターナーが本当の名前でいいんだよね?いっつもギニューって呼んでるからこんなところで弊害が。主要人物の名前くらいいい加減に覚えような、自分。

20_012.jpg

「ラッセさんを撃って、ミレイナを人質に……リターナーさんは自分がイノベイターだと」

なんと先週銃声と共に終わったあの出来事は、ラッセを撃っただけでなくツインドリルことミレイナまで人質にとって逃走したようです。ぬぁぁぁ!ギニュー隊長!貴様可愛いからってやっていいことと悪いことがあるぞ!

しかし人質に女子とは!そこはお前ラッセを撃たずに人質に使うところだろうよ!まぁウチの妹を連れていかなかったことだけは評価するけれども。でもダメ!ツインドリルは俺たちのツインドライヴなの!(<意味がわかりません)

20_013.jpg

「ギニューが!?」

状況が信じられずアップで叫ぶスメラギさん。

しかし今日はなんか開幕から忙しいなオイ。まだ始まってから1分ちょいしか経ってないんだぜ。ていうかオープニングもやっていないのにすでに10枚以上キャプチャ。こんなに撮ったのはリーサ登場以来じゃないでしょうか。

あのリーサ登場の回は素晴らしかったね。なんかもうダブルオーの無限の可能性を見たよね。どう考えてもリーサ主役のスピンオフ作品の告知だと思ったもんね!

20_014.jpg

ギニュー隊長がとったミレイナの人質を盾に颯爽と出て行くキャシー。

どうでもいいけどこの人はやっぱ男でいいのでしょうか。この人の姿からおっぱいが感じられません。なんでもかんでもストレートに言い過ぎるのは良くないよ?

コイツが男だとしたら俺は男にウナギ責めをしようとしていたのだろうか。その十字架はオッサンといえども重過ぎるぜ。美少年ならアリとかそういう話ではなくてだな(ry

20_015.jpg

キャシーを止めようとするロックオンを止めるスメラギさん。

得体の知れないイノベイターを追うことは危険すぎる!ミレイナも人質に捕られているし!カレーカツ丼に勝つのはもはやカツ茶漬けしかないわ!という視線を投げかけることでロックオンの動きを見事に止めています。

でもイノベイターの思考が繋がっていたとしてもそれを断ち切ってしまえばいいのだから刹那は躊躇せずにキャシーを撃てば良かったのにね。そして何事!?ってギニュー隊長がなってる隙にミレイナ助けてしまえばいいのにね。

20_016.jpg

「艦内システムが!」

キャシーが部屋を出ると同時にトレミーは停電。そんなことまでできるのかよ。

停電とはまた一大事です。なんたって明かりがないことよりも、これによって空調が止まった可能性が高い。宇宙空間においてこれは非常に危険!誰かスメラギさんに新鮮な空気を!

よしわかった!この俺が昨日焼肉ガッツリ食べてまだ若干何かが残ってるような気がする斬新な空気をマウストゥーマウスで送り込んでくれる……:y=-( ゚д゚)・∵;;ターン

* * *

ここでようやくOPテーマ!なんという怒涛のオープニング!

スメラギさんガッツリ出てきて良かったねとか言ってる場合じゃなくね?空気送らないとヤバくね?

とりあえずミレイナを連れたまま格納庫に行こうとしてるギニュー隊長をソーマ嬢が止めようとしていましたが、これはアレルヤ活躍フラグと見ていいのでしょうか。最近犠牲者が増えてきているからマジで誰かを撃つとかそういうのはやめて下さい。

20_018.jpg

「艦内システムがウイルスに汚染されてる!?」

トレミーの停電によってオートドアの機能すらも停止してしまっているようです。クッ!これではドアオープンと共にスメラギさん登場という定番の形が取れないではないか!

アレルヤはニュータイプみたいにピキーン!ってなってマリーを助けにいくのかと思いきや、まだしっかりみんなと一緒にいますし、どうなってしまうのでしょうか。

20_019.jpg

「二手に分かれてミレイナを探す」

この状況を打開すべく刹那から提案が。なるほど捜索のために今いる人数でチームを分けるってことですね!

よし分かった!俺とスメラギさん組、それとその他組という2チームで全力で詮索してやんよ!

ただし暗がりでよく見えないので俺とスメラギさんだけどこかの部屋に迷い込んでしまっても決して探さないで下さいね!あと暗くてよく見えないからもしかしたらヘンなトコ触っちゃうかもしれないけどスメラギさんも許してね!テヘッ☆















つい出来心で.jpg



20_020.jpg

「スメラギさんはブリッジに!」

「分かったわ」

ちょ、えぇーーー!?俺との暗闇大走査線ごっこはー!?闇にまぎれてハプニングはー!?

まぁ仕方ない。これでヘタにチーム組まれて誰かと一緒に行動されてもそれはそれでモニターをぶち抜きそうなので、俺の嫁は黙ってブリッジいけばいいじゃない。

しかしギニューもウチの妹を人質にしないあたり、俺への配慮の深さが感じられます。わかってるよギニュー。お前が仕方なくやっていることくらい。俺は怒ってないからおとなしくロックオンに捕まっちゃいなよ!

s001.jpg

思ったよりも早くギニューと遭遇できたロックオンと刹那組。

ギニューはロックオンに一緒に来ないかと問うたところ、簡単に乗ってしまうロックオン。アレ?駆け落ちフラグ成立?

こういうシチュエーションで「フハハハハ!わたしと一緒に来い!」と言われたら「クッ!俺はお前の言いなりにはならない!」という少年マンガの王道から外れる新しい展開。斬新なのは嫌いじゃないぜ?でも犠牲者は出さないでね!

s002.jpg

「大丈夫か?」

「当てることねぇだろ!ったく!」

さすがロックオンは役者が違う!ということで当然ギニューに乗る話は演技だったのですが、ミレイナを助けるためとは言えロックオンを本気で銃を撃った刹那。お前……そこは空気読んでやれよ。

でも無事にミレイナを奪還できてよかったね!思いっきりギニュー隊長には逃げられているけれどもそこはすぐに追っていかないんですね!


20_021.jpg

「ケルディムとダブルオーを!」

ブリッジに着いたスメラギさんはラッセの手当てをしておりました。ぬぁぁぁぁ!ラッセ無事で良かったね!スメラギさんに手当てしてもらえて良かったね!でもこの状況が落ち着いたら俺が貴様の傷口にマキロンを5リットルくらい塗りたくってくれるわ!

キャシーはオーライザーを奪って逃げようとしていますが、スメラギさんが追うのように指示します。

緊急事態でも簡単には崩れないのがソレスタルビーイングの凄いところ。そしてそれはきっと頭となって動く人間が素晴らしいからこそ成せる業。スメラギさんがいる限りアムロ軍団ごときにウチはやられはせんよ!

でもひさしぶりにイアンのオッサンが登場したと思ったら思い切りキャシーに殴られてた!貴様!なんてことを!

s003.jpg

「ここまでだ!」

オーライザーで逃げたキャシーにトランザムで追いついたダブルオーとケルディム。

キャシーはオーライザーを盾にしてやり過ごそうとしますが、刹那は「俺たちには優れた戦術予報士がいる!」と言って一歩も引きません。お前もスメラギさんに心酔してるんですねわかります!

一体何をするのかと思えば、オーライザーのコクピットに乗り合わせていたハロを使って無理やりダブルオーとドッキング。たしかにこれなら逃がさないで済みますね。そして最近登場がないコナンはハロの声を当てることでその存在を視聴者に思い出させるってスンポーですね!


s004.jpg

「あたしを撃つの?」

大ピンチかと思われたキャシーはオーライザーのコクピットを破壊して脱出。そしてそれを迎えにきたのはギニュー隊長。

脳量子波?を使って女の武器全開の映像をお届けするギニュー隊長はなかなかのやり手です。


s005.jpg

逃げてゆくキャシーとギニューにビームライフルのロックができても引き金が引けないロックオン。

自分が惚れた女が乗っている船を撃つことなどできましょうか。いやできない。できるわけがない。というか撃つ必要はない!ギニュー隊長はすでにソレスタルビーイングの仲間なのだ!この俺が直々に迎え入れてくれるわ!これ以上ダブルオーから女子成分を奪わないでね!

s006.jpg

引き金を引こうとしたロックオンの脳裏をかすめるのは楽しかったあの頃の記憶と最高の笑顔。

おいおいギニュー隊長こんな笑顔で笑うのかよ。クッ!俺の心はグラついてなんかないよ!もとからお前に傾いてるよ!(<えぇ!?)

いやスメラギさん違うんですよ!もちろんスメラギさんが一番だし、俺の嫁には違いないんですけどね!女の子の会心の笑顔ってもはや兵器だと思うわけですよ!いや兵器というか魔法というか、なんであんなに可愛いんだろうね!惚れてまうやろーーー!!!

s007.jpg

そしてさらに思い出されるのは心を通わせたあの日の夕焼けと、うしろで羽ばたくハシビロコウの群れ。

ハシビロコウとはコウノトリ目ハシビロコウ科の鳥類の一種で、体長約1.2メートル、体重約5キログラムの大型の鳥類であり、その凛々しい姿は見たものを虜にする魅力を誇り、一部の人間からは「ハシビロ様」として崇拝されている。普段はまるで動かないにもかかわらず圧倒的な存在感を持ち、個人的には人類でこんな怪鳥に素手で勝てるのは範馬勇次郎くらいじゃないないのかと本気で思うほどであるが、とりあえずハシビロ様があんなに群れで飛んでいたら俺なら間違いなく気絶するね。

s008.jpg

「さっきの画像で突っ込むのはそこじゃねぇだろ!」

ケルディムのコクピットモニターを叩いて悔しがるロックオン。でも仕方ないよ。幸せそうな2人を見てこの俺が普通にレビューするとでも思ったか。そもそも飛んでる鳥はハシビロ様じゃなくて白鳥だよ。こういう余計なことを毎回書いてるから、いつもすぐ前のシーンですら何やってたか忘れてしまうんですよ。

結局ギニュー隊長を撃てなかったロックオン。そしてそれをボーっと見てた刹那の2人のせいでギニューとキャシーには逃げられてしまいました。

s009.jpg

ソレスタルビーイングでドタバタあったころ、アロウズ艦隊ではアムロがルイスに接触していました。この2人がどんな関係で何の話をしてるのかはどうでもいいんですけど問題なのはモニターに写ってる謎のモビルスーツですよ!モビルアーマー?

このシーンだけで俄然テンションが上がりました!これはようやくアムロさんの専用機が完成ということでしょうか。もしくはルイスの新しい機体?とりあえずあの巨大な手が最高です!ゾックゾクするやろ!そしてアレはまだ未完成であってほしい!脚が付いてない状態だったらもう何も言うことはありません!あんなの飾りですからね!

一人で勝手にテンション上げてたら、アムロさんがご丁寧にレグナントという名前でモビルスーツのご紹介をしっかりしてくれました。なんかルイス用らしいです。えぇー!?お前が乗ればいいじゃーん!ていうかルイスが乗るとスゲー嫌なフラグが立つ気がするんですけどー!

20_022.jpg

「フェルト、艦内システムの状況は?」

どうやら物凄い被害を被っているらしいトレミー。いろんなシステムに不具合が発生しまくっているみたいです。

未だ停電から復活してないのは急ピッチで作業しても間に合っていないからなんでしょうか。それとも戦闘に備えてのいつもの省エネモード?どっちでもいいんだけど、この暗いのはスメラギさんがよく見えないからやめてもらいたい。

20_023.jpg

「再構築までの時間は?」

なんとかウイルスは駆除したもののシステムが破壊されただけでなく、アムロ軍団に持ち出されたものまであるようです。なんという発つ鳥跡を濁しまクリスティーヌ。

さすがギニュー隊長。俺たちにはできないことをやってのける!まさかここまでトレミーに被害を与えてから去っていくとはな。でもきっとロックオンがお前を助けにいくよ。そもそもラッセがケガをした今、ブリッジのクルーが減っては大変ですからね。

待てよ?今戻ってくればウチのブリッジは全員が女子…だと…?ククク!これが桃源郷というヤツか!

20_024.jpg

「今は作業に集中して。敵が来るわ」

逃亡したギニュー隊長のことを聞いたミレイナを諭すスメラギさん。

まぁさすがにこれだけやったわけですから、ギニューが戻ってくるにしてもただではすみそうにありません。わだかまりは残りそうな予感。

しかしここはひとつスメラギさんのティエ子改造計画のときの手腕を生かして、ギニュー隊長に罰を与えよう!具体的にはもっとギリギリの服を来てもらうことにしましょう!ダブルオーに潤いを!そしてスメラギさんも着替えちゃえばいいじゃないか!(<主旨が変わっています)

20_025.jpg

「イアン!オーライザーの修理状況は?」

トレミーの被害も深刻ですが、オーライザーの被害も深刻です。キャシーの野郎がマシンガンぶっ放していきましたからね。

オーライザーのコクピットはユニット交換してみたいですけど、当初かなり調整に時間がかかっていたオーライザーですから、当然今回も調整に時間がかかるみたいです。

20_026.jpg

「了解しました」

しばらくダブルオーは戦闘には出せない、という苦しいイアンの悲鳴。ソレスタルビーイングのリーダーとしてスメラギさんは苦い表情はするものの、しっかりと状況は受け止めています。

とりあえずラッセはなんとか無事だったみたいですが、何気にホントにあぶなかったね。前回簡単に王留美さんを亡き者としたガンダムスタッフのことですから、これからも油断はできません。

ロックオンはギニューと戦うことに葛藤を感じていましたが、そこは刹那がフォローに。

なんかね。最近思うけど刹那はいい人すぎるんじゃないだろうか。自分の幸せとか一切考えたことがなさそうだし、それなのに沙慈やロックオンとかも気にかけて人一倍空気が読める。こんないいやつが主人公のガンダムが今まであっただろうか。ガンダムのパイロットってなんか青臭くて、乗りたくないけど仕方なく乗ってるみたいな感じで、周りの大人や経験を通して成長していくイメージが強いのに、刹那はもう達観してる気すらします。あまりにもいいやつなんで、なんとか生き残ってほしいなぁ。

20_027.jpg

オカッパが一生懸命仕事してるとこに、背もたれにかけられる手。

もうこんなことを言いたくはないんだけど、この手が来る角度、この手の美しさなどを考慮すると間違いなくスメラギさんですよ。またスメラギさんとオカッパの絡みですよ。ぬぁぁぁぁぁ!嫌なヨカーン!

20_028.jpg

「ティエリア、セラヴィーでの出撃準備を。ここは私がやるわ」

なんとスメラギさん自らオカッパの代わりに仕事をするとのこと!あまりにも恐れ多い行為にオカッパは額から血が出るほど土下座して感謝すべき!

緊急事態&人手不足のせいでついに我々の姫の本気の片鱗を見ることができそうです。スメラギさんがキーボードを叩けば、そのスピードはフェルトやミレイナの比ではありません。まるで片手の操作で両手のマヤさんのスピードを超えるリツコさんのように超神速。

20_029.jpg

「心元ないのは分かるわ…だからガンダムで守って」












あたりまえだ.JPG



スメラギさんが守ってと言うならば、その数およそ全国数千万とも言われるスメラギマイスターの力を集結させるしかありません!やぁぁぁぁぁってやるぜ!スメラギさんを守るため!我々の本気を見せ付けてやるのだ!ジィィィィク!スメラギィィィィ!

てっきりスメラギさんもプログラムすんのかと思ったら、どうやら操舵を担当するみたいです。そういえばこの席は操舵主のとこでしたね。

オカッパは何も分かっていないようですが、スメラギさんはその昔、稲妻爪部隊(サンダークローズ)と呼ばれた伝説の走り屋集団の初代総長として世界に名を轟かせたほどの腕前を持つスピード狂。そのあまりのスピードと華麗なテクニックは今もなお伝説として語り継がれるだけでなく、子供たちに夢と希望を与えたということが発端となり、世界にはサンタクロースという逸話ができたのです。

20_030.jpg

「了解」

「Eセンサーに反応!」

オカッパがスメラギさんに応えると同時にフェルトが敵影を捕捉。このクソ忙しいとこを攻めてくるなんて信じられない連中ですね!

太古の昔より仮面ライダーの変身中は攻撃をしない、ロボットの合体シーン中は攻撃をしない、スメラギさんの準備が整うまで攻撃をしない、という暗黙のルールを知らないのでしょうか。

まぁ良い。今日はスメラギさんの神がかった操舵を見ることができますからね。どんなに強力な攻撃をしてこようとも、あたらなければどうということはない!

s010.jpg

ダンチとキャシーとルイスが揃って登場。

さっそくルイスは新型に乗っていますね。え?ていうかこのモビルアーマーはこれで完成形なの?ザクレロ型?

どうでもいいですけど、そういう新型に乗ってこられると沙慈がオーライザーで突貫するじゃないかと勝手にヒヤヒヤしてしまいます。

s011.jpg

ギニュー隊長もモビルスーツで登場です。確かこの人は操舵が上手かったんですよね?それって単純にモビルスーツの操作技術にも繋がるんだろうか。

しかし戦場にモビルスーツで出てきた以上、ロックオンとの対決は避けられなさそうですね。

s012.jpg

ガンダムを捕捉した途端にルイスはモビルアーマーで先制攻撃。

モビルアーマーだけあってさぞ強力なビームを撃ってくるのかと思ったら


s013.jpg

まるでテニヌの王子様ばりに無茶な軌道変更を繰り返すルイスの粒子ビーム。それなんてブーメランスネイク?

単純に強力なビームを撃つだけでなく、さらにはそれを曲げることまで出来るようになったというのか。イノベイターの科学力は世界一ィィィってことでしょうか。でもこれでオカッパがセラフィム発動して「ダブルスでいくよ」って言うんですねわかります。

s014.jpg

カッコイイ専用機で登場したギニュー隊長。何のためらいもなくロックオンを斬り付けます。

今のところよくわからないのですが、ギニュー隊長は操られたから裏切ったわけではないのでしょうか。今は普通に自我があると思うんですけど、もともと裏切るつもりだったから今は自分の意思で戦ってるってこと?

本当は嫌だけど身体が勝手に!みたいなことじゃないんですよね?

20_031.jpg

「愛した女はイノベイター……まさに命がけの恋ってヤツだね!」

勝手に状況を報告してくるダンチ。馬鹿野郎!恋はいつでも命がけ!恋はいつでもハリケーンなんだよ!

クックックッ!そんなことも分からないとはな。とんだお子ちゃまだぜ。お前はどうやらまだ恋をしたことがないようだな。仕方ない。異性をよく知るという意味でわたしが付き合ってあげてもいいぞ?異性と付き合って相手のことをよく知って次第に深みにハマっていくという転落人生をお前にもプレゼントしてや……断る…だと…?

20_032.jpg

「なんてことを…!」

心配そうに状況を見守るスメラギさん。大丈夫。貴方だけは絶対に俺が護る。

愛した女が敵でイノベイター?……ハッ!笑わせるぜ!その程度の障害も乗り越えられなくて何が恋か!


フー……やれやれ。


分かってない。


全然分かってないよ。


恋がどれほど苦しくて、どれほど人を強くするのかということが。




俺なんて……





俺なんてなぁ……






スメラギさんに恋しちゃったんだぞ!




アニメのキャラクター!つまり虹!ラルクアンシエルー!(<?)


待ってろ!スメラギさん!今!会いに行きます!(モニターに頭を突き刺しながら)


s015.jpg

突破口を開くためにオカッパ必殺のハイパーバースト!これまでも幾度も戦況を打開してきた必殺の一撃!

ロックオンとギニュー隊長がサシで戦闘に入ってしまったため、残りはオカッパ、アレルヤ、マリーの3人対ダンチ、キャシー、ルイスの3人!

これもそれぞれサシでやりあったりするのでしょうか。あ、オカッパは一人ダブルスだった。

s016.jpg

必殺のハイパーバーストもなんとルイスのモビルアーマーには通じず。そのGNフィールド硬すぎやしませんか?

GNフィールドもよくわかっていないのですけど、粒子量が多いとフィールドが硬くなるとかそんな感じなんだろうか。

どうでもいいけど、アレが効かなかったということは前にアルバトーレ?を倒したときみたいに接近戦でやるしかないってこと?

s017.jpg

ハイパーバーストが効かなくてショックを受けてるオカッパに気をとられてビームが被弾するアレルヤ。なんという負の連鎖ばよえ〜ん!(<?)

赤ぷよ食らったらそりゃ詰むわ、って感じでアレルヤはルイスビームで左腕をやられてしまいます。最近のアレルヤさんは本当にいいとこなしになってますね。そろそろ普通にハレルヤ覚醒すればいいのにね。

20_033.jpg

「ダブルオーはまだなの!?」

この劣勢にさすがに叫ぶスメラギさん!ぬぁぁぁぁ!イアンのオッサン頑張ってくれ!不甲斐無いガンダムマイスターたちがこのままだと普通に星になってしまうよ!

ちなみに劇中では描かれていませんが、この戦闘中もトレミーには鬼のようにビームが飛んできているのをスメラギさんが紙一重でかわし続けています。なんという女神テク!アンタがいなかったら俺たちは今頃とっくにお陀仏だぜ?

s018.jpg

激闘中のロックオンとギニューもいよいよ大詰め!

トランザムを使用してロックオンはギニューを一気に追い詰めます。ていうかこのモビルスーツ戦がカッコ良すぎる!トランザムの高速移動とシールドビットでギニューを翻弄する様が美しくて何度も見てしまったよ!

s019.jpg

めった撃ちにされた挙句、銃口を突きつけられて固まるギニュー。パイロットの腕にも差があったと思われるが、そもそもトランザムって機能自体がチート。生粋のモビルスーツ乗りじゃなきゃ詰むだろ。

こんなにたくさんの銃口を突きつけられることなんて人生でそう何度もあることではありません。銃口を向けられるたびに5セントもらっていたらとりあえず今の状態だけでも35セントもらえる?ハニバニ?

s020.jpg

「もう一度お前を俺の女にする!嫌とは言わせねぇ!」

とりあえず動けなくなったところで、コクピット部分の装甲を引き剥がし、ギニューを奪おうとするロックオン!

ロックオォォォォォン!アンタかっこいいよぉぉぉぉ!

s021.jpg

「欲しいもんは奪う…たとえお前が…イノベイターだとしても」

もうね。正直濡れた。俺は女じゃないけどビショ濡れですよ。……え?ハハハ何言ってんの?涙で顔が濡れたんだよ。

ていうかロックオンのカッコ良さがヤバイ!先ほどのモビルスーツ戦闘からの一連の流れがヤバイ!この回を見ていないでウチのブログを見てるような人はいないと思うけど、もしそんな人がいるならば絶対に見たほうがいいと思った!そのくらいシビれた!

s022.jpg

ギニューさんがようやく落ちたよ。ロックオン乙って言おうと思ったらアムロの遠隔操作で再び斬りかかってくるギニュー。このシステムuzeeeeeeee!!

ていうかあの神展開をどうしてくれる!お前あそこは素直に戻ってくるところだろうが!もし操られそうになっても「…アタシは負けない!」とか言いながら呪縛から開放されるところだろうが!ていうかケルディムがやられまくってるんですけど!

s023.jpg

ロックオンをフルボッコにして動けなくした後、剣を構えて突っ込んでくるギニュー隊長。

ムゥ…まさか新撰組3番隊隊長の必殺技をここで繰り出してくるとは!知っているのか雷電!

〜牙突〜

新撰組の隊長により考案された剣術における突きという技を究極まで高めた突進系最強と謳われる技。その昔、この技を得意とした新撰組の隊長は状況により牙突をさまざまな型で使い分け、幕末という乱世を駆け抜けた。その威力は非常に強力であるが、助走をつけた壱式よりも上半身のバネで繰り出される零式の方が威力が高いような気がするなど謎な部分も多い。この技は今でも多くの当時ジャンプ愛読者だった人には受け継がれているだけでなく、海外にも多大なる影響を与えたと言われている。

(民名書房館〜ガトチュZEROスタイル〜より抜粋)


あんだけやられた後で牙突は避けられねぇだろ!ロックオン超ヤバイ!どうすんだYOOOO!って思っ






s024.jpg



!!??




は…?


直撃…だと…?




え…?


何が起こった…?





s025.jpg









s026.jpg









s027.jpg



力を失ったアニューのモビルスーツを抱きしめるケルディム。



s028.jpg


そこに登場したのはトランザムのダブルオーライザー。


先ほどのビームは刹那が撃ったものでした。


s029.jpg



やがてトランザムの光に包まれる2機のモビルスーツ。














s030.jpg









「ライル……」









花 は 風 に 揺 れ 踊 る よ う に










「……わたしイノベイターで良かったと思ってる」









雨 は 大 地 を 潤 す よ う に










s031.jpg









「なんでだよ……」









こ の 世 界 は 寄 り 添 い 合 い 生 き て る の に










「そうじゃなかったら貴方に会えなかった……」









な ぜ 人 は 傷 つ け 合 う の










「この世界のどこかですれ違ったままになってた」









な ぜ 別 れ は 訪 れ る の










「いいじゃねぇか……」









君 が 遠 く に 行 っ て も ま だ










「それで生きていられるんだから……」









い つ も こ の 心 の 真 ん 中










「貴方がいないと生きてるハリがないわ……」









あ の や さ し い 笑 顔 で う め つ く さ れ た ま ま










s032.jpg









「アニュー……」









抱 き し め た 君 の カ ケ ラ に










「ねぇ……」









痛 み 感 じ て も ま だ  繋 が る か ら










「わたしたち……」








信 じ て る よ  ま た 会 え る と










「分かり合えてたよね?」









I'm watinig for your love










s033.jpg









「……あぁ」









I love you










「……もちろんだとも」









I trust you










s034.jpg









「……良かった」









君 の 孤 独 を 分 け て ほ し い










s035.jpg









I love you










s036.jpg









I trust you










s037.jpg









光 で も 闇 で も










s038.jpg









二 人 だ か ら 信 じ あ え る の










s039.jpg









離 さ な い で










* * *




……。




……。





・・・・・・・・・。




自分で書いておいてなんですけど、この空気でどうやってレビューを続けろと?



俺は先週キャシーにうなぎ責めをするとか言ってた男なんだぜ?



だがそんな俺でもわかる。


ダブルオーが素晴らしい作品だってことくらいは。



しかしこれ以上ない演出をしてくれた感謝と、アニューがもう戻ってこない悲しさで、今はなんか呆然として言葉が出てこない。


(´;ω;`)アニュー


ホントはね。最初キャーキャー言ってるレビューも書いたんですよ。

ちょ!待ってくれ!やめてー!とか言ってるヤツ。


でも書き終わって読み返したあとにどうにも無粋な感じしかしなくてね。結局TV演出にならうことにしました。そのまますぎてもう。俺にはあれしかやってやることができなかったよ。

これでまだCパートがあるとはな。

あ、Cパートでトレミーが見えた。スメラギさんが出てくるに違いないウフフフフ(現実逃避)

s040.jpg

「このナス野郎!」

「へなっぷ!」

怒りにまかせて殴りつけるロックオンと無抵抗に殴られる刹那。

殴ったところでアニューが戻ってこないとしても、誰もそれを止められない。というかその姿が痛々しすぎて涙が止まらない。Cパートまでこの空気は継続ですよね。当たり前ですよね。

アニューを撃った刹那を責めることはできないと分かっていても、怒りをぶつけずにはいられない。ロックオンの色んな感情がたまらなくてもう。またアニメ見てオッサンが泣いてしまっているよ。

s041.jpg

「アニュー……」

やりきれない想いをかかえて崩れ落ちるロックオン。それを優しく、子供をあやすかのように手で軽く叩く刹那。

ファーストシーズンのおかげで兄貴的な立場のイメージが強いロックオンですが、今はガンダムマイスターの精神的主柱が刹那となっている。ティエリアですら一目置く存在になってますからね。

ガンダムマイスターは無事。でも結果として大切なウチのクルーを失ってしまった。

イノベイターの彼女が入ってきた時点で予想はついたものの、我々にちょうど馴染んだあたりでこのイベントはキツすぎる。そりゃ俺のようなオッサンでも泣くわ。なんともやりきれない最後。



ということで今週は以上になります。


もうはるか前にスメラギさんの登場は終了していたとか、そもそもトレミーに近づいてきたダンチとキャシーをダブルオーが撃退したというくだりがまったく無いとか突っ込みどころはあるものの、今週はもうそれどころじゃないよ。

去年の今頃はちょうどロックオンが星になって物凄い衝撃を受けたころですが、今年もどうやらまだまだ大変なことになっていきそうです。

何度も言いますがスメラギさんの死守は当然ながら、今年こそは母艦とクルー、ガンダムマイスターの安全をマジで確保してもらいたい!そしてルイスやマリナ嬢も幸せになって欲しい!アムロさんはいい感じに俺の中でぶっ倒してやりたくなってきた!ククク!それでこそ悪役!

ではまた次回!


この記事へのコメント
アニュー・リターンって題名でどうなるか予想はしていましたが、やはりキツイ。きっと仇はスメラギさんがとってくれるでしょう。
Posted by ていざ at 2009年03月01日 11:51
はじめまして
まさか今日のスメラギさんを呼んで泣くとは思いませんでした(誉めてますよ!)
あの映像が脳内を駆け巡って涙がorz
これからもレビュー楽しみにしています。頑張ってください
Posted by 3 at 2009年03月01日 16:20
わかっていてもショックでした・・・・アニューの美声のせいなのか、それともクルツの様にスナイパーが似合う三木さんのせいかあのカップルが大好きでした。俺、安易すぎですかね??
やっぱり刹那の成長はすごいですね。その彼を支えるマリナ。地球にいて、ラストバトルに参加しないのかも?しれませんがそういうヒロインも新しくていい、と思います。

最後に管理人さん!お仕事大変でしょうが、頑張ってください。次回も楽しみにしています。
Posted by 新米メディック at 2009年03月01日 19:34
アニューさんの最期は悲しすぎますね。
私は、きっとこの二人幸せになるだろうと思ってましたが、本当に悲しかった。
ただ、あの00の一撃が無かったら、ロックオンが死んでましたし、仮に彼女を連れ帰っても・・・どっちみちワムロに(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

でも、

です。

やっぱりあんな良い女性が死んでしまうのは。
しかも、仲間に目の前で殺されるんですからね。
酷い・・・
本当に戦争は酷い・・・
解ってはいます。

でも、現実で世界でも戦争は止めることは出来てません。
いえ、人類の性なのかもしれません・・・

でも、人はその自我で、そして、
「愛」という力で乗り越えることはできます。

話の方向性が変わり過ぎてきた:->

なんか虚しいです・・・

こうなる事は予想、本当にできました。

でもな〜愛に飢えてますからね、私自身・・・

余計かな・・・
Posted by とある人の親衛隊隊長室掃除係(^v^) at 2009年03月01日 21:33
管理人さん☆こんにちはもぅ〜本当に悲しかったですね(T^T)最初は管理人さんの卓越された文才で笑い転げていたのですが…(カツ丼のくだりとか)読み進めて行くうち思い出して切なさが溢れて来て全く本当にやられてしまったぜよ(T^T)後半は展開が厳しくなってきていけねぇ〜なぁ〜。いけねぇ〜よ。しかし、スメラギマイスターとしてはこれからアニューさんのOPが差し替えられるのでは?何てこの時期ですが…不謹慎な淡い期待を抱いて止みません。ごめんね。アニュー決して嫌いなんかじゃないんだよ。スメラギビートを刻みたいだけなんだよ。OPにスメラギ姫が居ないだなんて(T^T)我慢ならんのだ。個人的にはもうちょっとフェルトに頑張って欲しかったな。kiss揺れるハート…したのに。あれで?終わり?みたいな?兄と弟で揺れ動くなんてないの?そうか…これからかな?大事な人を失った人を慰める的な展開!!あっ管理人さんごめんなさいm(_ _)m妹を汚してはいけないね。しかし、刹那の顔ボコボコだったね。刹那君には、よくツボるよ。どこまで、波乱万丈になのか最終回まで気持ち的に頑張ります。きっといっぱい凹むだろうなぁ〜(T^T)嫌だけど面白い♪♪スメラギ姫よ!無事でありますように(祈)
Posted by BAL at 2009年03月02日 01:00
冒頭の去年もララァwのくだりと、唐突にでてきたハシビロコウでクソワロタw
あとカツ丼ですが・・・自分は最近、北陸?地方にあるという“ソースカツ丼”が気になってます(ぉ

いやーこの回はライルの人間くささというか・・・
ってか、このブログらしからぬ演出にシビれましたよb
Posted by X105E at 2009年03月02日 09:31
今回も更新お疲れ様です♪

確か前々回でメンバーの無事を祈っていたのにまたもや退場者が出るとは…。もうね。00はすごいね。OPやEDでもスメラギさんを差し置いてちゃっかりサブヒロイン化してるから「この子は死なずにイノベの壁をなんとか超越してロックオンと幸せになるはず」と勝手に油断してたんで、放送後は「…はは、え? なにこれ俺限定のドッキリ???」と錯乱。

はっきりと言えるのは、今回ので決定的にアムロが嫌いになったということ。お前こーゆー場面は空気読むのが王道だろぉおおおおあ!!!

今回もたくさん笑ったけど最後の管理人さんのマジな演出にまた泣きました(´;ω;`)ブワッ

さて‥ホントに残り数話ですが、全てを受け入れられなくても、こーなったら素直に最後まで見届けようと思います。
Posted by 変態社会人 at 2009年03月02日 18:11
こんにちわ。今回のスメラギさんも髪の毛が美しかったですね。オカッパ、アレルヤ、マリーの3人が対ルイスのときに捕まって電撃食らったとき、同時に「キャァー」「アー」って、ボルテスファイブかよって一人突っ込みをしていまいました。。。
Posted by モン at 2009年03月02日 22:45
ジークスメラギ!!
とやってみても今回はアニューが・・・アニューがぁぁぁ(涙)こうなると予想できても、実際やられてしまうとキツイです。ライルとアニューのMS対決は最高に燃えました!が、その後は最高に悲しかったです(涙)
それでは、また次回にお邪魔します!
Posted by 天師 at 2009年03月03日 16:27
触れられていないですが、殴られている刹那の「歌が聞こえる」、というのが印象的でした。
ロックオンに殴られても、なんかそっちのけ、な感じというかほうけているような感じというか。

なんか、すこしトレミーの仲間がバラバラになりそうな変な感覚しました。
Posted by みんみん at 2009年03月05日 01:21
今回もお疲れ様です。

あぁぁぁ!わかってはいたんです、それでも叫びすぎてぐったりしました。辛いです。
レビュー読んでまたぐわぁっとなりました。
アニューの最期の笑顔があまりにキレイで、余計に辛かった。ロックオンのどうすることもできない痛みやら怒りやら、それを受け止めていた刹那、止める事のできない皆の気持ち。
見ていて本当に辛かったですね(´;ω;`)

そういえばトレミーが停電になった後、部屋から出るときにひっそりとアレルヤがスメラギさんの手を引いてましたね。
Posted by シイナ at 2009年03月06日 01:07
本当に月日が流れるが早い今日この頃。
そりゃ、体にガタがくる年にもなったちゅーもんですね。あぁ、年はとりたくない!!

ハシビロコウの説明よかったですよ。
なんて勉強になるブログなのかしら☆★☆
美しいスメラギさんを眺めつつ、勉強にもなる。
まさに一石二鳥!!
と、思ったのは私だけ???
えっ?もっと00の感想についてコメントしなさい。と…ス スミマセンm(__)m

Posted by ばぁ at 2009年03月06日 13:33
更新お疲れ様です。
アニュー・・・星になってしまいましたね・・・。管理人さんのレビューでウルッとなるとは予想外でした・・・。(いい意味でw)
スメラギさん、どうなるんですかねぇ?最近ちょっと録画を見るのも勇気がいるようになってきましたwまあトレミーがピンチになったら、管理人さんがデビルガンダムあたりに乗って救出に向かって下さるんでしょうけど(・∀・)
これ以上の犠牲がでないことを祈りつつ、次回も期待してます!
Posted by ねんがんのアイスソード at 2009年03月06日 17:43
あえて刹那に涙!

アニューを失い激昂したライルに激しく殴られ傷ついても尚、
彼の肩をゆっくりとたたき彼の感情を黙って受け止める。
そして遠い目でマリナ嬢の歌を思い出す・・・・・。辛いですね。

誰もが己のエゴの為に傷つけ合い生きている世界。

刹那は自身の痛みを押し殺してでも、
冷徹なまでに自らの意思で引き金を引き、
結果自分に向けられる憎しみや他人の痛み、自分の罪を承知の上、
独り無言のまま受け止めるのでしょうか?
身体を張って彼なりの答えを探すのでしょうか?その姿に言葉が出ません。

そんな刹那に、かつて「貴方が泣かないからよ」と
涙したマリナ嬢はやはり刹那の痛みを誰よりも感じとっていたのでしょうか?

対極的な立場をとりながらも互いに理解者であるという二人。
それぞれの問いから出す答えとは何なのか?それはどこへ向かうのか?
手を取り合う事ができるのか?
どこに憎しみや正義をぶつけても途方もなく生まれる多くの罪。
それはどこに帰結していくのか?
しかしその先に希望があって欲しい。(特にこのレビュー的にはスメラギさんの笑顔!!)

アニメを久しぶりに大真面目に観て感情移入してしまいました。
なんだか辛い展開が続きますが、ラストまであと僅か!!
Posted by あん at 2009年03月07日 10:27
お久しぶりです!

20話でアニューが亡くなってしまいましたが、
登場した期間が短い中、自分の中でウチの姫と同じくらいアニューがお気に入りだったという事に気が付きました。
わかっていたとはいえ、現実はなぜこうも残酷なのか…、おのれボンズリめが。
(アニューが乗っていたMSは「ガッデス」だそうです)

21話でも留美とネーナが亡くなりましたが、
この2人は流石に同情できませんかね。
(結局自業自得な面が強すぎる為)
ルイスは壊れちゃいましたが。
ちなみにルイスの乗っていたMAレグナントの攻略法(?)は、21話でリヴァイヴとヒリングがトランザムライザーの戦いを回想していたシーンで、さりげなく映ってましたよ。
やはり前シーズンでアレハンドロが乗っていた
「アルヴァトーレ」及び「アルヴァアロン 」との戦いと同じく実体剣による接近戦が有効では?

明日放送の22話では、いよいよマリナが世界進出ならぬ宇宙進出しますが、これは両陣営にどう影響するのか見物です。
あと、コーラたんとカティもおそらく明日か23話辺りで出てきそうな感じがするので、姫とどう絡むか楽しみにしておきます。

最後に…、次回予告で映っていたダブルオーの新型装備「GNソードV」が、エクシアのGNソードに似ていましたが、威力はどれくらいあるのでしょうね?
Posted by GT-160 at 2009年03月07日 18:17
思わずらしくない演出をしてしまった管理人です。
最近ダブルオーでいい加減ガチ泣きしすぎだと思わなくも無い。
最後は円満に終わって欲しいですね。

>ていざ 様
いつもコメントありがとうございます!
この回のアニューはキツかったですね。テレビの本気な演出もあってまた泣いてしまいました。
きっとスメラギさんが仇をとってくれるに違いない!スメラギさんの活躍と無事を祈りつつ期待して待ちたいと思います。

>3 様
初コメントありがとうございます!
まさかウチを読んで泣くなんて!予想外です。ありがとうございます。
まぁ全てテレビの演出と同じだったので、そちらが優れていたということですね。
これからも頑張ってレビューしますので、またヨロシクお願い致します。

>新米メディック 様
いつもコメントありがとうございます!
わたしもクルツのイメージが強いのでロックオンのスナイパーはドンピシャな感じですけど、アニューは非常に残念でしたorz
最近の刹那の成長はホントに凄いと思います。何気にマリナ嬢もすごいですし、こういうカップルもいいですね。
3月の年度末で絶妙に仕事が忙しいですけど、頑張って続けますのでまたよろしくお願い致します!

>とある人の親衛隊隊長室掃除係(^v^) 様
いつもコメントありがとうございます!
アニューのラストはホントに辛かったですね。どうにか仲間に戻るのではないかという期待をしていただけにダメージがでかかった。
人間は考えて行動ができるはずなのにどうして戦争とかが起こってしまうんでしょうかね。みんなが幸せになればいいのにね。
わたし自信も愛に飢えていますが、せめて劇中のスメラギさんには幸せになってもらえれば、わたしも幸せな気持ちになれるのにな〜とか考えてしまいます。

>BAL 様
いつもコメントありがとうございます!
今回のレビューは前半ちょっと適当すぎましたけど、だんだん見ていくうちに「オイオイなんだよ!この話の流れ!」みたいにのめり込んでいって、最終的にTVの演出にやられてしまいました。
ホントにラストが近づくにつれて厳しくていけね〜な〜。いけね〜よ。
スメラギさんのトランザムにはまだまだ期待しているものの、無事に最後までいってくれるのを本気願います。
フェルトはこれからライルとどうにかなるんですかね。ニール生き返っても俺はいいんだぜ!
刹那も損な役回りをするくらい大人になってカッコよくなってきましたが、コイツも無事でいて欲しい!
ていうかもうソレスタルビーイングが最後まで無事でいてほしいと思います。マジで。

>X105E 様
いつもコメントありがとうございます!
ハシビロ様に反応していただけて嬉しいです。本当は画像貼ろうかと思ったんですけど、ハシビロ様はインパクトがありすぎなのでやめておきましたww
ソースカツ丼うまそうですねwwこのレビュー書いてるときっていつも空腹なんですよww
アニューのラストの演出はテレビのままですけど、このブログでもたまにはああいうのもいいかなと思ってやってみました。

>変態社会人 様
いつもコメントありがとうございます!
最近では毎回犠牲者が出る始末なので、非常に不安だったんですけど、やっぱり今回も出てしまいました。よりによってアニューとは。キツすぎる。
わたしもOPにアニューいるから無事だと思ったんですけどね。ダブルオーにはそんなの関係ないみたいですね。
アニューのシーンはつらかったけど、同時に感動的でもあったので、あえて茶化さずにマジ演出しました。
ストーリー次第ですけど、わたしも全てを受け入れられるかわかりませんが、最後まで一緒に見届けましょう!

>モン 様
いつもコメントありがとうございます!
ルイスにオカッパたちが捕まったシーンはレビューで端折ってしまったんですけど、確かにあのシーンはボルテスチックでしたねww
電撃ビリビリシーンはダブルオーでもけっこう多いし、今回はレビューが長かったのでスルーでしたw

>天師 様
いつもコメントありがとうございます!
ライルとアニューのMS戦闘は燃えましたね。久しぶりにガッチガチの戦闘で震えた。ていうかケルディムがカッコ良過ぎる!
しかしその後は…ね。アニューが…ね。
この調子でまた次回以降も犠牲者が出そうで怖いですけど、みんなが幸せになると信じて次回以降も頑張りたいと思います!

>みんみん 様
コメントありがとうございます!
Cパートでのシーンですね。確かにちょっとほうけている刹那のセリフは印象的でしたね。
最近色んな人に敏感な刹那ですけど、当然のようにマリナ嬢の気持ちもちゃんとわかっているのでしょうね。そしてその思いを叶えてあげたいと思っているのかもしれませんね。
もしトレミーの仲間がバラバラになったら悲しいですけど、最後に色んな問題が解決して、ソレスタルビーイングという組織の必要がなくなって解散するならいいなと思ってしまいました。

>シイナ 様
いつもコメントありがとうございます!
わたしもTV見ながらぐわぁってなって叫びまくってました。アニメ見るのになにやってんだ俺。
たとえ最後の瞬間だけだったとしても、2人が分かり合えていたのだとしたら、きっとライルが今後変な風に歪んだりはしないと思いました。でもツライね(´;ω;`)
トレミー停電のときにスメラギさんの手をアレルヤが引いていたシーンもキャプチャしていたんですけど、そのシーンを突っ込むの忘れてて、記事をアップした後にまたぐわぁってなりましたww

>ばぁ 様
いつもコメントありがとうございます!
本当に最近、というか歳をとるほどに流れる月日が早く感じます。昔は1ヶ月とか超長かったのにね。いまや一瞬じゃないのかと。
ハシビロ様の説明を真剣するのもどうかと思いましたが、ていうかあとから読み返して俺は何を書いているんだろうとwwでもそのままアップしてやったぜww
すぐにレビューが横道にそれるのでウチではガンダム以外の話の方が多いかもしれません。こんなレビューでスミマセンww
00の感想がなくったってまったく気にしないですぜ!

>ねんがんのアイスソード 様
いつもコメントありがとうございます!
正直アニューのところはどうやって見せようか超悩んだんですけど、結局シンプルが一番かなと。テレビのままにしておこうと。
たしかに最近では録画見るのもちょっと勇気が入りますねww
ちなみにわたしの機体は風雲再起です。風雲再起でスメラギさんを助けにいきます。わたしスメラギさんの馬ですからね。ていうか何言ってんの俺。
ホントこれ以上は勘弁してもらいたい。次回も頑張って勇気を出して見たいと思いますww

>あん 様
いつもコメントありがとうございます!
わたしも刹那に涙!ていうか刹那には感動すらしたね。マジで。
自分の痛みを押し殺してみんなを守り、損な役回りもかって出る。最近ではパイロットとしての資質も急上昇中ですばらしい主人公になってきたと思います。なんでこんなに大人なんだ刹那。
最後にマリナの歌が届いていたことから、マリナの歌、マリナの想いに刹那自信の希望みたいなものを見出しているのかもしれませんね。
マリナの想いを感じ取る刹那と、刹那の想いを感じ取るマリナ。
一緒にいることはほとんどない2人ですが、ちゃんと主人公とヒロインしてて、こういう形もあるんだなと。
わたしも久しぶりにどっぷりとハマってガンダム見てますけど、この物語の最後には希望があってほしいと思います。
ラストまであとわずかですが、またよろしくお願い致します!

>GT-160 様
いつもコメントありがとうございます!
アニューの衝撃は一週間たった今でもまだ引きずるほどです。とりあえず「trust you」を聞くとヤバイ。
アニューのMSがガッデスというのはまた…。
先ほど21話を確認させていただきましたが、留美とネーナが逝ってしまいましたね。最後のルイスのシーンが印象的で同時に心配でした。大丈夫なんだろうか。
GNドライブを搭載したモビルアーマーには接近戦しか通用しないイメージが出来上がっているんですけど、ダブルオーの新装備があるならば、今後アムロのモビルアーマーが来てもガッチリ戦ってくれそうですね。
マリナ嬢も宇宙にあがるとのことで、コナンたちも含めて大集合の予感。明日の放送が楽しみですね!
またよろしくお願い致します!
Posted by 管理人 at 2009年03月07日 20:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27290675
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック